鳥造誕生秘話

池袋の居酒屋「鳥造」

こんにちは!浪花屋 鳥造 池袋東口店のPR担当です。

立春とは申しましても依然寒さ厳しく、春を実感できるのはまだ先のようですね。
前回はお店のご紹介をさせて頂きましたが、今回は当店の誕生秘話についてお話させていただこうと思います。

・‥…━━━━鳥造誕生秘話━━━━…‥・

浪花屋鳥造とは?


浪花屋鳥造とは、料理・雰囲気・従業員にこだわりと愛情をもつ笑売人のプロ集団である。
大阪が「天下の台所」と呼ばれた天保年間、街の一角に食道楽の旦那衆の舌を唸らせる「浪花屋(なにわや)」という料理屋がありました。
店主の豊造(とよぞう)は、鶏好きで有名な料理人。
「浪花屋」は、厳選した「鶏料理」を、当時では珍しい「薬味」を使って一工夫した独特の「こだわり 鶏料理」を出す店として繁盛していました。
中でも看板料理の「鶏の炭火バラ焼き」が大変評判で、「浪花屋といえば鶏料理」と言われるほどになりました。
鶏の「浪花屋」の名前が世間に広がるにつれて豊造は「浪花屋の鳥造(なにわやのとりぞう)」という名前で親しまれるようになったのです。
その評判にあやかって店名を「浪花屋 鳥造」とし、鶏の美味しい店として繁盛を続けて参りました。

【焼き師】と呼ばれる職人


鳥造の焼き場に立てるのは、熟練のトレーナーの元で技術を磨き、厳しい試験に合格した「焼き師」と呼ばれる職人のみなのです。
その焼きのプロが仕上げる料理は抜群の美味しさ!
特にバラ焼き方式で焼き上げた鶏肉は余分な脂が抜け、滴り落ちる脂が燃えた煙でスモークされます。
さらに、直火と遠赤外線による相乗効果で旨みが閉じ込められ、焼き鳥は最高の仕上がりになります。
計算されたこちらの逸品を是非お試しください。

その他の自慢の料理はこちらをどうぞ

スタッフ一同、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。